中国株

アリババ株投資家は今が耐え時

子会社アントの上場中止が決まって以降、アリババに関連するニュースはネガティブな内容が多くなってしまいました…。

独占禁止法関連でも調査が始まり、過去最大級の罰金が検討されているという報道もありました!

アリババ株の投資家にとっては不安になる日々が続きますねー。

そんな中、また追い込むようなニュースが出てきました!!

アリババにメディア売却要求 中国、世論への影響力懸念か―米紙報道

ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは15日、中国政府が同国電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)集団に対し、メディア関連の資産売却を求めたと報じた。同社は香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストや、中国版ツイッターと呼ばれる微博(ウェイボー)などの株式を保有しており、世論への影響力を懸念した可能性があるという。

JIJI.COMより引用

やはりアリババの影響力が大きくなり過ぎた事を懸念しているようです。

アリババはEC事業だけでなく、クラウド金融メディアなど様々な事業を持ち今の規模まで拡大してきました!

中国政府としては一つの企業が力を持ち過ぎることを恐れ、国内の企業競争を維持したい狙いもありそうです!

しかしソフトバンクグループの決算説明会で孫さんが言っていたように、健全に大きくなっていくために必要な規制であり、欧米でも行われているものと同様の独占禁止だと思います。

どこまで成長力が削られてしまうか投資家としては不安な部分もありますが、将来のアリババに期待して今は踏ん張り時だと思っています!!

利益の柱であるEC事業やクラウドに対して大きな規制が入るようなことがあると心配ですが、今のところそのような話はありませんし、今後もないと思われます!!

今は米中対立の真っ最中。
AI分野や5G、半導体だとかいろんなハイテク競争の場面でも争っています。

そんな中、中国の主力企業であるアリババ。この世界有数の企業が成長しないことを中国政府は望むでしょうか?

今大きな規制や成長を止めるような政策を実施すれば、世界の覇権争いで米国企業にリードを大きく譲ることになります!

今は株価が低迷しているアリババですが、売上成長率年30%超えの高成長銘柄でPER25倍となっています。

独禁法関連の騒動が一巡し、先行きの不透明感がなくなれば株価が暴騰する日がまもなく来ると私は考えています!!

今は耐え時だと思って保有を続けます!!!

↓ランキング参加中です!!クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ぷぅの夢おすすめ証券会社