同棲

同棲生活であった方が良い最低限必要な家具家電!!

いざ同棲!となると、賃貸の初期費用や引っ越し費用などでお金が飛んでいきますよね。

そんな時は資金が貯まるまでは生活するのに最低限必要な家具・家電をまずそろえましょう!!

余裕が出てきたら、あったら便利なものを買っていくようにするとお財布にも優しいですね♪

ということで、同棲生活に最低限必要な家具・家電の紹介と、どんな特徴があるものが使いやすいのか説明していきます!

同棲生活に最低限必要な家具・家電

冷蔵庫

私たちの場合、私が一人暮らしで使っていた冷蔵庫をそのまま使用しています。

全内容量は約170Lです。自炊が多く、作り置きをすることが多いので、これでもギリギリのサイズです。
もう1つ、米やフルーツを保存する用の46Lのミニ冷蔵庫を持っています!

冷蔵庫のサイズの目安は、「70L×人数+100L(備蓄分)+70L(予備)」になります。なので、同棲の場合、310Lが目安になりますが、310Lの冷蔵庫って結構大きいです!

同棲を期に購入するなら、将来も見越して大きめの方が余裕を持てるのでおススメです☆

冷蔵庫購入の際の注意点
➀設置スペースの把握
➁冷蔵庫設置場所の壁の向き
➂搬入の際の経路や障害物
➃冷蔵庫のそれぞれの部屋の大きさ

➀設置スペースの把握
冷蔵庫を設置する場所は必ず縦×横×奥行のサイズを測ってください!冷蔵庫によって違いますが、放熱のために必要な幅(約5~10cm)が記載されていますので、その分も考えなければなりません。

➁冷蔵庫設置場所の壁の向き
これは、扉を左右どっち開きの、または両サイド開きの冷蔵庫にするのかを選択するためのポイントです!左に壁がある場合は右開き右に壁がある場合は左開きということになります。扉を開いた時の寸法も考えると失敗しないと思います♪

➂搬入の際の経路や障害物
家に搬入する時の経路を考えて、エレベーターの幅階段の幅家のドアの幅もチェックしないと、「運び込めなかった!!」ということになってしまいます。その他障害物がないかも事前にチェックしておきましょう!!

➃冷蔵庫のそれぞれの部屋の大きさ
これは個人の好き好きになりますが、メーカーや種類によって冷蔵室・冷凍室・野菜室のサイズや比率が異なります。冷凍で作り置きをする人は冷凍庫が大きめが良いです。冷蔵で保存することが多い人は冷蔵庫や野菜室が大きい方が良いですよ☆

ダイニングテーブル・チェア

なくてもいけそう!と思うかもしれませんが、メリハリのある生活のためには必要不可欠です!

食事と生活する場が同じだと何となくダラダラしてしまいがちですし、衛生面でもダイニングテーブル・チェアはあった方が良いです!!

ダイニングテーブル・チェアの選び方
➀高さにこだわる
➁部屋や人数に合わせた大きさの選択

➀高さにこだわる
テーブルとチェアの高さが適切でないと、腰痛の原因や使いづらさの原因になってしまいます!!テーブルの天板の高さと椅子の座面までの高さの差を「差尺」と言います。その差尺が27cm~30cmが良いとされています。ただし、人によって座高は変わってくるので、実際に試してみてしっくりくるものを選んでくださいね☆

➁部屋や人数に合わせた大きさの選択
食事をする際の1人分のテーブルの広さは幅600mm×奥行400mmと言われています。2人なら幅1200mm×奥行800mm以上のものを選ぶことをおススメします!あまり小さいとゆったりと使えないので、部屋の広さにもよりますが、圧迫のない程度に大きめのものを選択すると快適に使用できます♪

私たちはダイニングテーブルは今まで持っていたものを、チェアはこちらを購入しました!!座面のカバーは取り外し可能で洗濯もできるので、使いやすいですよ☆彡

ソファ

ソファに関しては、おススメを他記事で書いていますので、こちらをご覧ください!!

同棲におススメ!ニトリのソファ(キャッツ3 )レビュー♪新しいお家に引っ越しして、同棲となれば2人でくつろげる場所としてソファが欲しくなりませんか?今回は!私たちが実際にたくさんのお店を回って...

炊飯器

このご時世、外食を減らすためにも炊飯器は必須です!

炊飯器の選び方
➀炊飯器の容量
➁手入れのしやすさ
➂加熱方式

➀炊飯器の容量
2人暮らしなら3合炊きで十分!と思う方も多いかもしれませんが、実は3合炊くことが多いなら、5合炊きの炊飯器で3合炊いた方が熱がムラなく伝わるので美味しいと言われています!!実際私もそう思います!また、炊き込みご飯を作る場合、具材が入るので余裕を持ったサイズを購入することをおススメします!!!

➁手入れのしやすさ
みなさん、炊飯器の掃除はきちんとしていますか?蓋の裏側や本体の溝の所は特に汚れが溜まりやすいので、美味しいご飯を炊くにはお手入れが重要になります!パーツ数が少ないものを選んだり、最近はお手入れ機能のついた炊飯器も販売されていますよ!

➂加熱方式
炊飯器の加熱方式は、大きく4つありますが、今の主なものはマイコンIH圧力IHの3つです。簡単に説明すると、マイコンは、熱ムラが出やすいですが、価格は安いです!今の主流はIHになっていて、熱ムラもなく美味しく炊きあがります♪最新として出てきているのが圧力IHです。内釜に圧力をかけて高温で一気に炊き上げるため短時間でもっちりおいしいご飯ができます。

洗濯機

洗濯機は必需品ですよね!

家の場合は、縦型・6kgの洗濯機を使用しています!これで2日に1回くらい洗濯をしています。使っている感覚としては、小さくもなくちょうどいいです☆

洗濯機の選び方
➀縦型orドラム型
➁容量

➀縦型orドラム型

〈縦型〉
メリット
・多くの機種が発売されており、価格が比較的安い(平均6~8万円)
・蓋の開閉が上のため、スペースを取らない
・揉み洗いにより洗浄力が高い

デメリット
・たっぷりの水を使用するため、水道代がかさむ
・衣類が絡んだり傷みやすい

〈ドラム型〉
メリット
・少ない水量(縦型に比べ1/2)で洗濯できて経済的
・乾燥までできて干す手間が省ける
・衣類が擦られることが少ないため、衣類に優しい

デメリット
・蓋を手前に引く構造になるため、スペースを取る
・価格が高い(10~25万円)
・洗濯の途中でドアを開けられないものが多い

➁容量
平均としては、1人分が1日1.5kgと言われています。なので、同棲の2人暮らしなら、6kgの容量で妥当ですね♪

ただ、布団のシーツなどの大きいものを頻繁に洗いたい、まとめ洗いをしたいという方はもう少し大きめのものを選んだ方がよさそうです!

スポンサーリンク

まとめ

私たちの経験から、最低限生活するのに必要な家具・家電は冷蔵庫ダイニングテーブルとチェアソファ炊飯器洗濯機だと分かりました。

引っ越しと同時に選ばなければならず大変だと思いますが、買ってから使いづらいということがないように、妥協せずにこだわって家具・家電をそろえることをおススメします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村