投資初心者向け

株式投資のすすめ〜株って何?最初から解説します〜【株式投資初級編①】

貯金だけじゃなくて投資もした方がいい?
興味はあるけど株ってそもそも何?

そんなあなたに、投資歴10年の私が最初っからぜ〜んぶ解説します!

株って何?

 会社が事業を行うのに必要な資金を集める方法。
会社が自分たちのお金だけでビジネスをしようとしたら会社の規模は小さいままで何もできないですよね。
だから株主(株の持ち主)になってくれる人を集めて、お金を出してもらう代わりに企業は株主にオーナーとしての権利を渡します。

株主になると・・・

利益の一部がもらえる
 配当金といって待っている株数に応じて、1株あたり○円という風にお金を配る企業が多いです。あとは株主優待といって自社の商品を配ったり、自社のサービスで使える優待券を配る企業もあります。
企業のオーナーになれる
 企業の株を買うとオーナーになれます。株主総会に参加することもできるし、利益に応じて儲けることができるため、株主になった企業の商品が売れてると嬉しくなったりと、オーナーの一人になれるんです。

スポンサーリンク

株で儲けるってどういうこと?

 株で儲けたってネットやニュースで聞いたりするけど、株を買って儲けるってどういうこと?って気になりますよね

 株というものは買うだけでなく、他の欲しい人に売ることもできます。その時に売る値段を株価といって、これは日々変動しています。その企業の株を欲しい人が多ければ株価は上がり、欲しい人が少なければ下がります。
 つまり、買った値段より高く他の人に売れば儲けが出ますよね。100円で買ったものを200円で売ることができれば100円の儲けです。
 他にも、株を持ってるだけで配当金がもらえる企業がたくさんあります。配当金も立派な儲けです。

この株の売り買いをする場所を証券取引所と言います。
 東証一部
 東証二部
 マザーズ
 ジャスダック
などなど。それぞれの証券取引所に上場している企業の株を売り買いすることができます。

どこで株は買えるの?

 株を買いたいと思ったら証券取引所に行って直接株を買うわけではありません。必ず証券会社というところ通して株の取引をします。
証券会社というところに口座を作って、そこで取引します。証券会社は日本にたっくさんあり、それぞれ特徴や長所・短所があるのでどれがいいかは人によって変わったりします。
 直接窓口や電話で注文する証券会社や、ネットの画面上で注文する証券会社があります。おすすめはインターネットで取引ができるいわゆるネット証券です(手数料が安い!)。

ネットで取引ができる代表的な証券会社

 SBI証券
 楽天証券
 松井証券
 マネックス証券
   などなど・・・・

リスクは無いの?

 包み隠さず言うと、リスクはあります。
株を買った企業が倒産したり、不祥事を起こしたり、商品が売れなくなって赤字になったりすると株価はガクンと下がります。
そのため、株を買う資金は生活費や結婚資金、子供の教育費など大事なお金以外の余裕資金で運用することが大切です。
 当ブログでは株を長期(10年〜15年以上)で持つ長期投資を薦めていきますが、短期の値動きは誰にも全くわからないものだと思っています。もし使う予定があるお金を株に回して大きく損をしてしまったら、人生計画が狂いかねません。絶対に余裕資金で投資をするよう心がけて下さい。

これから繰り返し言うことになりますが・・・
 投資は自己責任です。

まとめ

 リスクをお話ししてちょっと暗い話になりましたが、株というものはしっかりと勉強すればリスクは少なくリターンを大きくすることができます。また、人生をより豊かにする力もあると思います。
 このブログでは今後も詳しく解説していくので、ぜひ読んでいって下さい!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村