投資情報・投資雑記

【節税】NISAとつみたてNISA〜株をやるなら必須の知識〜

 NISAって聞いたことありますか?株式投資をやっていくためには知っておかなきゃいけない節税制度です。最初から解説していきたいと思います。

 そもそもNISAって何?
 少額投資非課税制度といって2014年から始まった投資の利益にかかる税金を期間限定で非課税にする制度です。
株は売った時に利益が出た場合、利益に対して20.315%の税金が引かれます。NISA口座により株を買った場合は1年間に120万円までの投資で最長5年間は株の売却益や配当金に税金がかからなくなります。使わないともったいない制度ですよね。

 また投資額と非課税期間が違うつみたてNISAというものもあります。今回はこの二つの制度の解説と比較をしていきます。ぜひ読んでいってください!

NISAってこんな制度

 120万円の株を購入してその後130万円に値上がりし、売って10万円の利益が出たとします。その時通常であれば、その利益に対して20.315%の税金が差し引かれます。

 100,000円×20.315%=20,315円

 この20,315円が譲渡益税として差し引かれるため、本当に利益として受け取れるお金は79,685円となります。

 100,000円−20,315円=79,685円

 ところがNISA口座を活用すれば1人につき120万円の非課税枠が与えられているので、5年間以内であれば売った時に利益が何円になっていても税金は一切かかりません。この120万円分のNISA口座は年内(12月末まで)に使い切らなかった場合、翌年以降に持ち越すことはできません。翌年にはまた新たに120万円の枠が手に入ります。

NISA口座で買える金融商品
 このNISA口座の良いところは、対象となる金融商品の多さです。日本株だけでなく米国株や投資信託、REITまで幅広いです。

売らずに5年間を終えた場合
 税金がかかる課税口座(特定口座または一般口座)に移すか、翌年のNISAの非課税枠に移すかを選ぶことになります。利益が出ていれば5年目の12月末までに売ることによって税金を回避できますが、まだまだ上がると見込んで売らずに持っておくのも選択できます。

スポンサーリンク

つみたてNISAってこんな制度

 もう一つ、非課税の制度としてつみたてNISAというものがあります。基本的にはNISAと同じで、株を売った時にかかる税金や配当金にかかる税金がかからなくなる制度ですが、投資上限額や期間に違いがあります。

非課税投資枠
 1年間に40万円までです。NISAと比べると少ないですが非課税の投資期間を長く取ることができるため、より初心者にも手が出しやすい制度になっていると思います。

投資期間
 つみたてNISAの場合、20年となります。NISAの5年と比べたら随分長いですよね。NISAは売却益で非課税のメリットを出そうと思ったら5年以内に結果を出さないといけませんから、難易度は上だと思います。つみたてNISAであれば20年間の非課税期間があるので、利益が出せる可能性が高いです。

つみたてNISAで買える金融商品
 つみたてNISAはNISAと違い、安定的に資産運用できるよう金融庁が認めた金融商品にしか投資できないようになっています。個別株は買えません。投資信託と呼ばれる商品を買っていくことになります。
 2020年9月15日時点での認可されている金融商品は、インデックスファンド158本・アクティブファンド18本・ETF7本の計183本です。

まとめ

 投資をしていくならこの二つの制度は賢く利用しないともったいないです。初心者はまずつみたてNISAでコツコツ積み立てていくことをオススメします。20年の投資期間があれば、正しい投資信託を選ぶことによって元本割れの可能性は極めて低く、かなりの金額を積み立てることができます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村