ポートフォリオ

ぷぅの夢カップル総資産額最新版!!【2000万超え達成】

ちょうど1ヶ月前くらいに総資産額の記事を出したのですが…

ぷぅの夢カップルの総資産は1839万円!!資産内訳を大公開!!ずーっと、私たちぷぅの夢カップルの総資産額を公表しようと思っていたのですが、ちょっと公開するのが怖いなと思っており、なかなか実現しません...

これがですね、おおむね合ってるんですが、ちょい違った部分があったんです(笑)あと、1ヶ月で資産額が良い感じに増えたので、最新の資産額を公開していこうと思います♪

そして、最初の頃の投資のルールから最近は少し変更している部分があったり、ポートフォリオにも変化があるので、その辺にも触れていきます!!

最新総資産額公開!!

ズバリ!!現在の総資産額は2021万7013円です!!!!

先月発表した総資産額は1839万3006円だったので、単純計算で1ヶ月で182万円ほど増えていることになります!!単純計算なので、お給料のタイミングなどで誤差はありますが(笑)
そして現在の株・現金・ビットコインの割合はこんな感じです♪割合の変化についてはこの後にお話していきます!!

ついに2000万円超えたんだねー!!
思ったよりも早い段階で超えられたね!
スポンサーリンク

投資銘柄内訳

先月とは結構比率が変わっています。左の円グラフが先月で、右が最新のポートフォリオです!


ソフトバンクグループへ大幅投資
先月とはグラフを見れば一目瞭然ですが、ソフトバンクグループへの投資の割合が9%→18%と倍になっています!!

ソフトバンクグループは先日の第3四半期決算も圧巻でした!!ソフトバンクビジョンファンドからのIPOで純利益の大きな計上があったのですが、まだまだ序章だと思っています♪
これからAIを活用した企業が活躍する時代がきます。まだ大物のIPOがいくつも潜んでいます。

これほど将来価値に対して割安な銘柄もなかなかないから、もっと増やしていきたい!
ソフトバンクグルプに関してはしょーくんの熱量がすごいよね(笑)

余裕資金をQQQへ移動
今月は貯金していた現金の一部をQQQへの投資に回しました。株式市場は今バブルだとかも言われていますが、私たちは強気です。
 
今は先行きが怪しくなってもFRB、政府が株式市場の暴落を避けるべく行動を起こしてくる時期だと思います。金利の上昇もまだあまり心配する時期ではないと思います。
 
たとえ景気回復局面でS&P500をアンダーパフォームしても、ハイテク企業が集まるナスダック100への投資が10年後、20年後報われると信じています!!

ぷぅの夢カップル投資ルールの変更

・私たちの仕事上、残業量の違いや仕事量によって月々のお給料が違う
・共有口座の残額に余裕がある

このようなことを踏まえて…

以前のルール
☆1ヶ月にお互い10万円を投資に回す
☆月々の給料から投資に回す10万+自分の口座に残す額(定額)を引いた額を共有口座に入れる

現在のルール
☆1ヶ月10万円は必ず投資に回すことは変わらない
☆給料が◯万円を超えた場合は+5万円程度を投資に回す

このように変更しました!こうすることで、共有口座に以前は入っていた余裕資金を投資に回して効率よく資金を増やすことができています♪

最初は共有口座に余裕なお金がそれほどなかったけど、同棲を始めてから時間が経って、少しづつ貯まった余裕資金が使われてないのが気になってたんだよね!
生活に困らない程度は残さなきゃダメだけど、動かないお金があるのはもったいないもんね!

現金・株式比率

キャッシュポジションが多めの私たち。最初の方で現金と株、ビットコインの割合を出しましたが、この1ヶ月でそれが変化しました!その要因が…

今月は思い切って現金のうちから約100万円を投資へ回しました!!

株式の保有割合を52%から59%へ増やしました。株価上昇の恩恵を受けられない銀行への貯金を多く残しておくよりも、リスクをとって波に乗ることを選びました。

歴史的な金融緩和でここまで資産を大きく増やせるタイミングは滅多に来ないと判断したからです!!

米国株の今後に強気でいく

コロナショックの後FRBが打ち出した量的緩和は規模がリーマンショックの時とは比になりません。政策金利の引き下げとともに、今後じわじわと株高に効いてくるはずです。

S&P500のPERが約23倍になって歴史的に割高水準と騒がれていますが、M2の伸びを考慮し今後の企業利益の成長を考えれば2010年代以上の上昇が2020年代訪れてもおかしくはないんじゃないでしょうか。

適正と考えられるPERは上昇しても良い環境にあると思います。また、株式市場にはロビンフッド族を始め個人投資家も随分と増えました。個人投資家の大半は冷静な分析によって投資しているわけではないかと。

今までの市場参加者と違って曇ったメガネで未来の世界を見ていません。多少の金利上昇やバブル懸念で株価が暴落するような事態にはならないと思います。

失業率の低下が確信できるまで金融緩和の縮小は無いとFRBが言っている以上、株高の恩恵を得て資産を増やしていく機会だと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ぷぅの夢おすすめ証券会社