投資情報・投資雑記

つみたてNISAで投資信託するならこれ!【S&P500インデックスファンド】

 つみたてNISAで投資信託をしてみたいけど、投資対象の投資信託がいっぱいあって選べない!どれがいいのかわからない!

 そんな方に向けて今回はつみたてNISAでオススメの投資信託を紹介していきたいと思います。

そもそも投資信託って何?

 色んな企業の株を買おうと思ったらお金が多く必要ですよね。投資信託は投資信託の運用会社が投資する人に代わって様々な企業の株を買い、そのおまとめパックを切り売りしてくれます。

 投資信託を買う人達に切り売りしてくれるため、少額で始めることができ、個別株を買うようなリスクが無く、運用してくれるプロが代わりに銘柄を入れ替えてくれたりとメリットが多くあります。

例えば・・・
 
米国株に投資した場合
 グーグル  1567ドル
 アップル  119ドル
 フェイスブック  265ドル
 アマゾン  3272ドル

 この4社に投資しようと思っただけでも5223ドルかかってしまします。
 日本円換算で54万8415円です。(株価・レートは2020/10/17現在)

 なかなか手が出しにくいですよね。貯金のような感覚では買えない・・・。

 でもネット証券で投資信託を買えば、これらの株を詰め合わせたものを100円から買えるんです。

スポンサーリンク

初心者には米国に投資する投資信託がオススメ!

 投資信託の中には日本株を集めたものや日経平均に連動するもの、新興国株に投資するものなど様々な種類があります。

 何も考えずに、わかりやすそうな日本株に投資するのは良くないです。日経平均株価に至ってはバブル時の史上最高値を未だに超えていない現実があります。

 少子高齢化により人口が減っていく日本に対し、人口が増え続け経済成長によって株価が上昇し続ける先進国があります。それが米国(アメリカ)です。

・先進国ではめずらしく人口の増加トレンドが続いている。

・配当、自社株買いに積極的で、株主還元が重視されている。

・世界中で使われている商品、サービスの巨大企業が多い。

米国に投資するオススメの投資信託は?

 S&P500に連動する投資信託がオススメです!

 S&P500指数と呼ばれるアメリカの代表的な企業500社の株をまとめた指数があります。
 時価総額で言えばアメリカの株式市場の約80%を占めます。セクターと呼ばれる業種もハイテクから金融、ヘルスケアなどこれ一つで様々な企業500社に分散投資ができます。

 このS&P500に連動する投資信託でも、色んな会社が運営していて種類もたくさんあります。

 決め方の一つとして信託報酬の安さがあります。投資家からお金を集めて運用するため、管理、運用するための手数料である信託報酬というものがあります。この手数料は会社によって違うので一つの決める目安になると思います。

信託報酬が低いeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は信託報酬も0.0968%と安く、純資産総額11747億円(2020/10/17時点)とS&P500に連動する投資信託の中では最も多くのお金を運用しているため信頼を得ているのがわかります。

まとめ

 株式投資というと気がひける方でも、ネット証券で100円から始められる投資信託から始めてみてはいかがでしょうか。

 毎月貯金感覚で、つみたてNISAを使い積み立てていくのも良いと思います。早めに始めることで数十年後には貯金をした場合との大きな差ができると思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村