投資情報・投資雑記

テスラ(TSLA)がビットコインに15億ドル投資

最近ビットコインが過去最高値を更新し急伸しています。

私たちが去年買ってから4.5倍になったね!
もっと買えばよかったね。続々と大企業がポートフォリオに組み込み始めたね

2017年に高値をつけた後、しばらく脚光を浴びていませんでしたがここにきて再び注目されているビットコイン。

もしかしたらまだ上がっていく最初の序章かもしれません。今回はビットコインを保有していない米国株投資家にとってもスルーできないニュースが入ってきました。

テスラがビットコインへ投資

S&P500にも組み入れられ約1.7%の組み入れ比率にもなったテスラ(TSLA)が8日、ビットコインへの投資を発表しました。

ビットコイン最高値、米テスラが15億ドル投資 決済への利用も

米電気自動車(EV)メーカー大手テスラは8日、暗号資産(仮想通貨)のビットコインに約15億ドル投資したと明らかにし、テスラ車両や製品の購入でビットコインを受け付ける見通しとした。
テスラの発表を受け、ビットコインは12.5%高の4万3730.39ドルと、過去最高値を更新した。
テスラは規制当局への提出文書で、ビットコイン購入は投資計画の一環で、資産の多様化とリターンの最大化が目的と説明。今後「時折もしくは長期的に、デジタル資産を購入、保有する」可能性があるとの見通しを示した。

ロイターより引用

テスラほどの時価総額の企業がビットコインへの投資を始めたとなるとインパクトが大きいです。

先日は決済大手のスクエアが資産の1%にあたる5000万ドル分のビットコインを購入したり、同じく決済大手のペイパルが仮想通貨の取引サービスを開始したり企業がビットコインの存在を意識し始めていました。

そしてテスラが購入したとなると、この流れに続く企業が増えるかもしれません。

そうなるとビットコインの存在を否定的に見てビットコインを買ってこなかった米国株投資家も、間接的に保有していることになります。

もう仮想通貨は無視できない存在になってしまった!
スポンサーリンク

コロナショックの影響もあり今後も上がっていきそう

ビットコインはまだまだボラティリティ(変動幅)が大きいため価値の保存手段として懐疑的な見方も根強いです。

コロナショック後、経済への影響を抑えるため大規模な金融緩和が行われ通貨供給量が大幅に増えました。

ドル(現金)の価値が下がってしまうインフレへの懸念から金の価格が上がりましたが、ビットコインも発行量が決まっており金と近い性質があるため投資対象として注目され上がってきた面もあります。

その結果昨年3月は1ビットコイン=50万円程度でしたが現在は1ビットコイン=500万円程度まで上がっています。今後も上がっていく傾向は続きそうです。

まとめ

米国株投資家も企業や金融機関がポートフォリオに組み込み始めると、今後はビットコインの動向を気にしていく必要が出てきそうです。
逆に言うと、ビットコインを保有する企業に投資すればビットコインの上昇の恩恵を受けられるので、仮想通貨の保有が怖い方は間接的に投資するのもアリかもしれません。

※仮想通貨は株の特定口座・NISA口座とは違い、売って利益を出した際は確定申告が必要で、雑所得扱いのため税金も高く他の投資と損益通算ができないため注意が必要です。

安易に売買するのは気をつけて!

↓ランキング参加中です!!クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ぷぅの夢おすすめ証券会社